着物リメイク&お仕立て
 
着物リメイク・オリジナル服とオーダーメイドのBiBi&NaNa[ビビアンドナナ] 



トップページへ  オーダーメイドのページへ


和装用語
種類
 お召(おめし)
  • もともとはお召しちりめんの略。糸の段階で精練し、先染めした後織り上げた先練り織物の代表的なもの。品位、質感が良く、しっかりした地あいで着やすく、色彩や柄も新鮮で種類も豊富。洋装のタウンウエアにあたる。
 留袖(とめそで)
  • 振袖に対し、袖丈の短い小袖及びその着物のこと。現在で留袖といえば江戸妻褄模様の留袖をさし、地色を黒にした黒留袖と色物を用いた色留袖がある。
 訪問着(ほうもんぎ)
  • 振袖より袖は短く、振袖の美しさを軽快に着安くしたもの。おもに裾や袖、肩などに模様が置かれ、着物全体に繰り返しの模様が置かれたものとは異なる。
 道行コート
  • 道行衿に仕立てた和装コートのこと。防寒、防雨、防汚用の外衣。
 袋帯
  • 筒状に輪に織った帯で芯は入っていない。正装、礼装に用いられる。
 兵児帯(へこおび)
  • 幅広の布を縫わないでそのまま適当な幅にたくって締めるもの。男帯、子供帯として用いられる。また鯨尺で3尺(114cm)位であることから三尺ともいう。
 丸帯
  • 幅広の豪華な帯地を二つ折りにして芯を入れ、縫い合わせた正装用の帯で広帯びともいう。
 江戸褄模様(えどづまもよう)
  • 模様が上前身頃、下前身頃の褄下の部分にのみつけられた和服の模様。模様の高低、大きさ、色合いなどにより年齢の差がつけられている。留袖模様ともいわれる。
 絵羽模様(えばもよう)
  • 特定の絵柄をさすのではなく染模様の形態を表す語。白生地を染める前に仮縫いして、袖、おくみ、背縫、衿など縫い目の部分も柄が続くように染められた模様のこと。振袖、留袖、訪問着、羽織などに用いられる。
 小紋
  • 小紋染の略。文様の小さいという意味で細かい柄を染めた伝統的な型染の一種である。大納言,少納言、鮫、菱、七宝、亀甲など伝統的な小紋柄は大変種類も豊富である。
 付下げ
  • 肩山や袖山を頂点として前身と後身の両方に裾の上から上向きに文様をつけた模様の形態。仕立て上げると身頃、おくみ、袖、衿に柄が配されて絵羽風に見える。
材質
 ちりめん
  • 横糸に強いよりをかけて織り上げた後、精練して仕上げをし、しぼを出した高級な織物。横糸の織りこみ具合で一越、二越、鬼しぼりちりめんなどと呼ばれ、織り布や地風によって錦紗、楊柳ちりめんなどの種類がある。産地名をとって呼ばれるものもある。絵羽、友禅、小紋などに染め、更に刺しゅう、箔置き、絞りなどを加え、礼装からお洒落着にまで用いられる後染め着尺の代表。
 大島紬
  • 鹿児島県奄美大島で生産される絹織物。絣柄を主とした高級着尺地。特徴は糸染めにあり、植物染料と染色法によって泥大島、泥藍大島がある。
 綸子(りんず)
  • 縦糸を浮かせて繻子地に織った地紋のある絹織物。なめらかにで光沢のある表面を持つ。打掛、晴れ着などに用いる。
 絽(ろ)
  • 絽織により布地の中にすき間(=絽目)を作って清涼感を出した盛夏用の後染めの和服地。
 紗(しゃ)
  • 先染、紋織の盛夏用高級和服地。涼しげな風合いと肌触り、また光の反射により生じる水紋のような美しい杢目が特徴。
 羽二重(はぶたえ)
  • 経緯(たてよこ)に撚り(より)の無い生糸を使用した平織物。軽く薄手で肌触りが柔らかく、上品な光沢を持つ。筬(おさ)(織機を構成する部品)の一羽に経糸を2本通して製織するところからこの名称がつけられた。
 銘仙(めいせん)
  • 関東地方で織られていた絹織物の一種。安価で丈夫、しかも絹の美しさを持つことから戦前は大変愛用されたが、着尺としては現在はほとんど見かけなくなった。
構造
 袷(あわせ)
  • 裏をつけて仕立てた着物類の総称。秋から冬を通し、春まで着られる着物のこと。
 単衣(ひとえ)
  • 裏をつけずに仕立てた着物類の総称。盛夏頃に着用する。
 羽裏
  • 羽織の裏地のこと。豪華な文様の置かれたものもある。
 八掛
  • 着物の裾回しのことで、裾裏ともいう。





着物リメイクbibi&nana